革命家エルネスト・ゲバラの伝記映画。監督はスティーヴン・ソダーバーグ。ゲバラがカストロと出会い、サンタ・クララを制圧してキューバ革命を成し遂げるまでと、後年、国連総会に出席した日々を平行して描く。ゲバラ役はベニチオ・デル・トロ。この役でカンヌ映画祭主演男優賞を受賞している。それも納得のなりきり方だった。
 ゲバラといえば革命の英雄というイメージがあるが、本作は「英雄」としては極力描かないようにしている。普通の人、というと語弊があるのだが、全能ではない人としてのゲバラをクローズアップしていた。彼が喘息もちだったのは有名な話だが、映画の中でも度々発作を起こすし、部下の統制が常にパーフェクトなわけでもない。また、政治的な手腕はむしろカストロの方が優れていたのではとも窺える。そういう人が、自分の能力をMAXまで発揮して革命を起こし、その頂点がキューバ革命だったのかなと思える。そしてMAXな状態が延々と続くことなどありえないので、この先はぱっとしないんじゃないかとも。前述したとおり、本作は2つの時代を同時に描くが、古い時代の方がカラーで、新しい時代の方がモノクロというのもそれを反映しているように思える。また、映画を見る側にとっては、古い時代はもはや「お話」と化しているが、新しい時代は未だ「歴史」だともいえるかもしれない。
 ゲバラの言動でもうひとつ面白いなと思ったのは、他人にかなり厳しいところ。政府と戦争しているわけなので、兵士としての部下の教育はもちろん厳しい。軍規に反すると厳しく処罰される。そもそも兵士といっても元は農民とか一般市民とかなので、かなり強引に統制しておかないと収拾がつかないという面もあったのだろう。しかし何より、ゲバラが倫理的に厳しく、他人にも高いレベルを求めるというところがあったのではと思った。上司だったら結構面倒くさいタイプだったんじゃないかしら。部下の若者に「読み書きの勉強をしろ!」と再三言って、なんとなく煙たがられている雰囲気があるのには、ちょっと笑ってしまった。
 ゲバラ像はなかなか興味深いのだが、如何せん地味だし余計な説明はしない映画なので、ゲバラに興味があり、ある程度当時の時代背景をわかっていないと、少々厳しいかもしれない。実際私はゲバラにあまり興味がなかったし、当時の南米の状況も詳しくなかったので、面白ことは面白いけど結構がんばらないとついていけないところがあった。もっとも、私程度でもそれなりに面白く見られるし時制が混乱することもなかったのは、ソダーバーグ監督の腕がいいということか。