歌野晶午著
 タイトル通り、すべて後味のよろしくないミステリ短編集。といってもあまりミステリっぽさは前面には出てきていないが。コミカルな嫌さから幻想小説寄りの嫌さまで、バラエティに富んだ嫌さが味わえます。劇薬クラスのものはないが、ちょっとづつ違った嫌さのある、嫌さの幕の内弁当・・・ってほんと嫌だなそれは。なお今さらだが、著者は実は文章がうまいことに気づいた。(いやうまくなったのか?)。読みやすい。一見かわいらしいがよく見ると不穏な装丁も雰囲気盛り上げている。