吉田修一著
11人の女が登場する連作短編集。どうということない話でも上手いなー。実際にはこういう女性はいないかもしれなくても「あーいるいるそういう女!」って思っちゃう言動をさせるのだ。ちょっとした描写で登場人物のキャラクターがぶわっと広がる。しかし結構しぶとい女性ばかり出てくるような気が(笑)。シニカルだったり風変わりだったりする話が多い中、「最初の妻」はベタに痛切で異色だった。取り返しのつかないことには、後から気づくのかもしれない。