電気グルーヴ著
 電気グルーヴが掲載紙を転々としつつ続けていた(なぜか活動休止中も続けていた)ロッキング・オン・ジャパン編集者との対談集。8年ぶりに続編が出た。しかしなんで買っちゃってるんだ私・・・そしてなんで1作目も手元にあるんだ私・・・。音楽とはほとんど関係なく、くだらなさと下品さはアーティスト本の範疇を軽く凌駕する。ネタ(特に下系)の豊富さがはんぱないのだが、その中でも瀧の「小室哲哉・KEIKO夫妻の披露宴に行った話」は後半の瀧の妄想内展開も含めて白眉だ。あと、よっぱらったときのエピソードが色々ひどすぎる(笑)。ところで卓球が、「ライブでメモ取ってるやつの気が知れない」という趣旨の発言をしているのだが、確かにあれは不思議だ。あとでブログとかにセットリストとか感想とか上げるんだろうけど、メモってる時間がもったいないと思う。そこは踊っとかんと!