江頭2:50著
 「例え、どんなにつまらない映画があったとしても、批評するオレよりも映画のほうが上だ!」。まえがきより抜粋。映画に限らず製作現場を知っている人ならではの言葉だとは思うが、映画ファンとして胸に刻んでおかねばと思いました。私、恥ずかしながらエガちゃんが映画好きである、あまつさえ自分の番組内で映画評コーナーを持っているなんて知りませんでした。その番組内のコーナーを書籍化したのが本作。映画に対する態度が謙虚(すごいけなしている時もあるのだが、上から目線ではない)、かつ的確な批評をハイテンションでやってくれるので実にユカイ。下手な自称映画評論家よりはよっぽど切れがいいし映画好きだと思う。子供の頃の映画体験の話とか、ちょっと感動しちゃいましたよ。