京極堂シリーズ2作目。といっても前作とはキャストの一部が変わり(関口役が永瀬正敏から椎名桔平へ変更)、監督も原田眞人に。ついでに言うと京極堂の自宅のロケーションが全く変わってるなど、あまり前作との関係は気にしていないようだ。原作の流れも大分アレンジしてある・・・と思うのだが、何せ原作小説は出版当時に一度読んだきりで、細部は記憶のかなた。えらく面白かったことだけ覚えている。
 さて、前作『姑獲鳥の夏』は実相寺昭夫監督独特のテイストが強く、キッチュな味わいのある映像だったが、今回戦後間もない東京を再現するために上海ロケを敢行したそうで、風景が魅力的だ。過去の日本というより、バーチャル日本というか、日本であって日本でない(土塀も瓦屋根も川辺の柳も明らかに中国ぽいのだが)、国籍不詳な雰囲気がかもし出されている。
 しかし映画としては前作に匹敵する珍作。原田監督はそこそこキャリアの長い中堅で、映画作りには慣れていると思うのだが、そんな人がなぜこんなことをやってしまうのか?と素人目にも首を傾げたくなるところが多々あった。まず、「●●と●●」というように、そのパートでメインとなる登場人物によって映画を章立てしてあり、それぞれの章で時間軸もずらしてある。時間を遡ったり先に飛んだりするわけだ。『魍魎の匣』という箱の中に更に小さい箱が入っているという構造にしたかったのかもしれない。しかし、この構造が上手く機能しているとは思えない。普通に時間軸どおりに進めた方が、原作見読者には分かりやすかっただろう。加えて、このパートとこのパートがリンクして全体像が見えてくる、ということもやりたかったのだと思うが、志半ばで挫折しちゃった感が。
 更に、物語が異常なスピードで進むので、原作を知らないと何が何やらわからなくなりそうだ。また、映画なのに全部言葉で説明しようとするのでよけいに慌しい(原作が饒舌ということもあるのでそれを言うのは酷かとは思うが)。そして展開が慌しいわりに妙なコントを長々とやる。ドリフかよ!
 しかしこの映画が全くつまらなかったかというとそうでもなく、好きか嫌いかで言ったらむしろ好き(笑)と言ってもいい。映画としては明らかに失敗作なんだけど何か憎めないのね。ミステリを放棄してどんどん戦隊モノ(最後はラスボスの巨大基地に潜入するしな)の如く進んでいく展開は妙に微笑ましい。特に、中禅寺(堤真一)、関口、榎木津(阿部寛)が座敷で喋る所は妙にノリがよく、現場は案外楽しかったんじゃないかなと思えてくる。男同士のぐだぐだしたおしゃべり(自分たちだけ楽しい)の描き方は案外上手いのだ。椎名は関口としてはどうかなと思ったのだが(上背も胸板もあるので、昔の洋装がハマってしまい貧相な感じが出ない)、テンパってわけわからないことを喋るうわずった感じは意外に良く出ている。あと、阿部寛にはときめきました(笑)。濃い顔好きなんだなー私。濃い顔と言えば、俳優としての堀部圭亮(青木刑事役)が見られたのがちょっとうれしい。