3つ数えて目をつぶれ

映画と本の感想のみを綴ります。特に映画。ご連絡はhoto5now★yahoo.co.jp(お手数ですが★を@に変えてください)まで。

『三人目のわたし』

ティナ・セスキス著、青木千鶴訳
 エミリーはある日、家族の前から姿を消した。愛する夫ベンと可愛がっているチャーリー、両親、そして双子の妹キャロラインを捨て、名前も変え、別人として新生活を始めたが、過去の出来事は彼女を苛み続ける。
 ミステリとしての巧みさというよりも、エミリーの語りは主観による断片的なものなので、とにかく彼女に何が起きたのか知りたいという好奇心によって先が読みたくなる。とは言え彼女に起きた悲劇の内容は割と早い段階で何となくわかってしまうし、多分ここで語りによるミスリードをしたいんだろうな、という部分もわかってしまう。触れ込み程には「衝撃」はない。とは言え飽きさせない作品ではある。そして飲酒とドラッグには本当に気を付けないと・・・特にエミリーのように決して強いわけではない人は。

三人目のわたし (ハヤカワ・ミステリ文庫)
ティナ セスキス
早川書房
2017-01-24


シンデレラの罠【新訳版】 (創元推理文庫)
セバスチャン・ジャプリゾ
東京創元社
2012-02-29







『家族シアター』

辻村深月著
 “真面目な子”=イケてない姉に対する反発、娘との価値観の違いへの戸惑い、不本意な保護者会、帰国子女の孫に対する距離感のわからなさ。家族を巡るとまどいを描く7編を収録した短編集。
 家族とは一番身近な他人であるということが、どの短編にも描かれている。家族なのに分かり合えないのではなく、他人だから分かり合えないのだ。家族だからと油断するわけにはいかない。と同時に、家族「なのに」仲が悪い、わからないと悲観することもないということでは。だって他人だもん!わからなくて当然!本作に登場する家族たちは、特に仲が悪いわけでも理想的に仲が良いわけでもない。時にイラつくし腹は立つが、なんとなく一緒に暮らしている。そんな中で、この人本当はこういう人だったんだ!こういうことを考えていたんだ!とはっとするような瞬間がある。そういう瞬間を受け入れていく、積極的に探していくと、なんとなく家族を維持しやすくなるのではないだろうか。

家族シアター (講談社文庫)
辻村 深月
講談社
2018-04-13




『GODZILLA 決戦機動増殖都市』

 ゴジラから地球を取り戻すべく、決死の戦いに挑んだハルオ(宮野真守)ら人類だったが、地中から現れた真のゴジラに敗退する。仲間とはぐれ負傷したハルオは、フツアと呼ばれる原住民の少女ミアナ(小澤亜李)に助けられる。フツアはゴジラから逃れ、地下で生活することで進化し生き延びてきたのだ。彼らが持つナノメタルは、21世紀に対ゴジラ兵器として開発されたメカゴジラに使用されていたものと判明。メカゴジラの開発プラントがまだ残っていると知ったハルオたちは再びゴジラに挑む。監督は静野孔文&瀬下寛之。ストーリー原案・脚本は虚淵玄。
 『GODZILLA』3部作の2作目。前回から直接ストーリーは続いており、作中での前回振り返り等はないので、3作続けて見ることが前提になっている。今シリーズのゴジラはかなり巨大化、かつでたらめにエネルギーに満ちているので、勝てる気が全然しない。むしろハルオはよく勝とうと思ったな!広げた風呂敷を畳めるのか心配になってくるくらいなので、ちょっと強さをインフレ化させすぎなのではないかという気もする。それに今回明かされる地表の生物の状況からすると、地球を再び人類が暮らせる 環境に戻すのってまあ無理なんじゃないかと思えてくる。
前作にしろ今作にしろ、ハルオが演説により仲間を扇動してゴジラと対決するが、という展開が見られるのだが、ハルオにそれほどカリスマがあるようには見えないのが痛い。そんなに頭良さそうにも見えないし、リーダーシップに優れているという感じでもない。ゴジラへの怨念で大分クレイジーになっているなというくらいだ。演説にしても、この程度の言葉で扇動される?だとしたらゴジラ甘く見すぎでない?という気も。ハルオが他人のもくろみに上手いこと乗せられてるんじゃないかなというふうに見えてしまう。実際どうなのかは次作で明らかになるんだろうが。
 なお、本作中では他のスター怪獣の存在も示唆されるし(実際に登場するかどうかはわからないが、双子の巫女がいるってことはアレだよな)、次作で登場する怪獣ははっきり提示される。エンドロールは最後までどうぞ。


シン・ゴジラ Blu-ray2枚組
長谷川博己
東宝
2017-03-22


『わたしはあなたのニグロではない』

 アメリカ黒人文学を代表する作家、ジョームズ・ボールドウィン。彼が残した文章を元に、1960年代から現代にいたるまでのアメリカの人種差別と暗殺の歴史に迫る。監督はラウル・ペック。
 作中にはボールドウィン本人が語っている映像も多数使われているのだが、(文学者だから当然と言えば当然なのだが)トークの言葉にも非常に力がある。話している時の立ち居振る舞いも含め、魅力のある人だったことがわかる。スピーチの巧みさでは、盟友であった公民権運動のリーダー、マドガー・エヴァースやマルコムX、キング牧師には及ばないのだろうが、強靭な知性を感じる。
 公民権運動真っ只中の1960年代から、現代に至るまでの報道、トークショー、また映画の映像等を繋ぎ合わせたドキュメンタリー。アメリカにおける黒人差別はどういうものなのか、どういう歴史があるのかを提示するが、60年代と現代とが交互に配置されていることで、人種差別の構造があまり変わっていないことがわかってくる。もちろん法律上の整備は各段に進んだし、現代の方が目に見える差別は減っている(はず)だろう。しかし、人間が他の人間を差別する時の構造は根強くある。なぜ差別をするのか、自分たちより下位とされる存在をねつ造してしまうのか、ボールドウィンの言葉は鋭く突いてくる。言葉の古びなさはびっくりするくらいだ。ボールドウィンの文学が普遍性を持つということと同時に、彼が指摘した問題がいまだ現役であるということなので、少々複雑ではあるが。
 作中、あるトークショーの中で、大学教授がボールドウィンの著作・主張に対して反論をする。人間は個々で異なり、人種はその内の要素の一つではない、私は無知な白人よりも教養ある黒人に共感する、人種間問題に拘りすぎだと。これに対するボールドウィンの返事は痛烈かつ切実なものだ。この教授の反論は、人種差別だけでなく様々な差別に対して言われがちなものだと思うのだが、彼の言葉は当事者にとっては全く的外れだろう。当事者にとって差別は今ここにある危機、生命を脅かすようなものであって、見方の問題とかそういうことではない。おそらくボールドウィンらも何度となく、「そういうことじゃないんだよ!」と叫びたくなったのだろう。

地図になかった世界 (エクス・リブリス)
エドワード P ジョーンズ
白水社
2011-12-21


To Pimp a Butterfly
Kendrick Lamar
Aftermath
2015-03-24


『モリのいる場所』

 94歳の画家・モリ(山崎努)は、毎日自宅の庭を散策し、虫や植物を眺め、夜はアトリエで絵を描く。妻・秀子(樹木希林)はモリに代わって来客に対応し、家の中を切り盛りしていく。監督・脚本は沖田修一。
 今年、大規模な回顧展も開催された画家・熊谷守一と妻・秀子の、夏の一日を描く作品。明らかに守一が主人公なのだが、作中ではあくまで「モリ」と呼ばれ、伝記映画ではなく守一をモチーフにしたフィクションとしての色合いが濃い。名作秀作というにはこぢんまりしているが、こぢんまりしているが故の居心地の良さと、予想外の風通しの良さがある作品だった。ある夏の日、という感じで見ていて気分がいい。
 時代背景は昭和、ドリフとジュリーが全盛期だった当時だ。とは言え、登場人物の言葉づかい等はそれほど時代性に拘っていない。カメラマンの助手の物言いはほぼ現代の青年のものと変わらない(当時は断る意味で「大丈夫です」という言葉は使わなかったのでは)。とは言え、それが不自然さや手落ち感ではなく、こういうニュートラルな世界観なんだなと思える。今よりもちょっと昔でどこか懐かしい雰囲気だ。モリ家の庭の鬱蒼とした繁みや、古い木造家屋のきしみじや屋内の薄暗がり(トイレ付近が暗いのが、昔の家だなぁと)は、必ずしも実体験したわけでもないのに、妙に郷愁を感じさせる。
 モリの家は人の出入りが頻繁だ。1日の出来事とは思えないくらい、来訪者が出たり入ったり居座ったりする。来てもいい雰囲気のある家なのだろう。本作はほぼ室内と庭だけで展開されるが(自宅外でのシーンは、家事を手伝っているモリの姪がスイミングスクールにいくシーンくらい)、閉塞感はない。風通しがよく、世界に広がりがある。人が出たり入ってたりして「外」を連れてくるのだ。そして、モリが言うように彼にとっての庭が「広すぎる」からだろう。
 守一が作品に描いた虫や動物、植物が作中次々に登場する。回顧展を見ておいてよかった。モリが絵画制作をするシーンは全然ないのだが、彼の見る行為が制作に繋がっていると感じられるのだ。虫たちの撮影は相当頑張っていると思う(エンドロールを見ると、虫単体の撮影は専門のカメラマンがやっているみたい)。動植物の気配が音からも感じられる作品でもあった。虫や鳥の声やざわめきによって、空間がぶわっと広がる。


モヒカン故郷に帰る (特装限定版) [Blu-ray]
松田龍平
バンダイビジュアル
2016-10-05


『ピーター・ラビット』

 ウサギのピーター(ジェームズ・コーデン)と仲間たちはマクレガー老人の庭の野菜を盗むことを日課にしている。ある日マクレガーさんが倒れ、家は空き家状態に。はしゃいで空き家を荒らしまくったピーターたちだが、マクレガー老人の甥トーマス・マクレガー(ドーナル・グリーソン)が引っ越してきて、ピーターたちを再び締め出す。しかもマクレガーはピーターの親友である隣人の画家ビア(ローズ・バーン)と恋仲になってしまう。ピーターは何とかマクレガーを追いだそうとする。監督はウィル・グラック。
 ビアトリクス・ポーターによる有名原作絵本とは全く方向性が違うので、ピーター・ラビットの名前に惹かれて見ると大分戸惑うと思う。ただ、あまりに突き抜けていて原作からの乖離が逆に気にならなくなってきた。むしろ、わざわざピーター・ラビットという超有名キャラクターを使ってこういう映画を作ろうとした度胸がすごい!何と闘っているんだ!と感心した。ウサギはチンピラ風だし、人間を本気で仕留めにくるし、爆撃戦(なぜか妙に本格的)まである。カトンテールのキャラクターなんて大分クレイジーだよ・・・。
本作、かなりなメタ構造になっており、登場人物たちもそのメタさに気付いているかのような発言をする所が面白い。ピーターが「そういうキャラ(付け)だから」と度々言うのもそうだし、動物たちが上着を着ているのに下半身は裸という所へのツッコミも。
 一方「おとぎ話ならこうなるところだけど、この話はそうじゃないから・・・」と言う(ピーターの両親の肖像画のくだりで)と同時に、最後に「これは“おとぎばなし”ですよ」という振りがあったりと、リアリティラインをどの地層に置いているのか、ナレーションは何目線なのか、語りの構造は曖昧だ。ピーターは制作が上手くいかなず不安定になっているビアのイマジナリーフレンドで、それがなぜかマクレガーにも見えてしまった、みたいな話にも思えてくる。ビアの方がマクレガーよりヤバい人なんでは・・・。

ピーターラビットの絵本 第1集
ビアトリクス・ポター
福音館書店
2002-10-01


ピーターラビットと仲間たち [DVD]
英国ロイヤル・バレエ団
クリエイティヴ・コア
2009-10-21


『ランペイジ 巨獣大乱闘』

 違法な遺伝子操作実験の失敗により、自然保護区内でゴリラ、オオカミ、ワニの3頭が巨大化、狂暴化した。様々な動物の強みを取り入れた遺伝子により力を得た動物たちには軍もなすすべながなかったが、遺伝子操作実験の首謀者である大企業は、動物たちからDNAサンプルを採取しようと、シカゴへとおびき寄せようとする。元特殊部隊員で動物学者のデイビス・オコイエ(ドウェイン・ジョンソン)は、動物たちを止めようと3頭の後を追う。監督はブラッド・ペイトン。
 巨大動物大暴れという1ネタのみで100分強を乗り切る、潔い娯楽作。遺伝子操作だろうが何だろうが、とにかく「動物が巨大化して強い」という幼稚園児のような発想だし、そもそも生物としての強さはその方向で合っているのか?大企業もDNA採取するのにその方法でいいのか?返り討ち間違いないぞ!という突っ込みも入れたくはなるが、大きい物が暴れまくるのは愉快だ。荒唐無稽というよりも大分頭の悪い世界観をそれなりに成立・納得させてしまう、ドウェイン・ジョンソンのスター性に唸る。彼の存在によって「映画」として成立しているように思う。ゴリラとの「会話」も、まあジョンソンさんならゴリラとお話くらいできて当然、という気分になってくるし、何しろ死にそうにないので安心だ。
 このシーンとこのシーンの間に何かもう一展開くらいないと流れがおかしいな?という所が何か所かあるのだが、話の整合性よりもテンポの良さ、スピーディーで飽きさせないことを優先していると思う。無駄に尺を長くしないところはとてもよかった。さくっと気軽に見られて見た後はスッキリ、余韻は何も残さないという娯楽作に徹している。こういう映画も絶対必要なんだよなー。自分の立ち位置をよく理解している作品だ。


『ネッド・ライフル』

 ある罪により逃亡中のヘンリーと、拘留中のフェイの息子ネッド(リーアム・エイケン)は18歳になった。叔父サイモンを含め、家族の不幸の元凶である父ヘンリーに復讐しようと、ネッドは彼をさがしに旅に出る。サイモンの作品に執着している風変りな女性スーザンも同行することになる。監督はハル・ハートリー。2014年の作品。
 『ヘンリー・フール』三部作の3作目。出演者の加齢と同じスピードで物語が進んでいるので、この人変わらないなとか、こんなに大きくなって!とか、久しぶりに親戚に会ったような気分にもなる。本作、3部作の中では一番テンポが良く、タイトな作りになっていると思う(実際85分という短さだし)。
 父親殺しや世代を超えて受け継がれていく因がなど、ドストエフスキーのような様相を見せるが、ネッドの潔さがさわやかな後味を残す。ヘンリーは最後まで責任を取らない人、逃げる人として造形されている。しかし、グリム家は逃げない人たちなのだろう。彼らのふんばりと善良さで、ヘンリーの因果にようやく終止符が打たれるのだ。ラストがとてもきっぱりとして心を打つものだった。この人はこっち側に行くことに決めたんだなと深く納得するのだ。ハートリー監督の映画は、どれもラストショットがかっこよくて強く印象に残る。
 ヘンリーとスーザンの過去に遡っての諸々は、物議をかもしそうだけどやはり危ういと思う。ヘンリーは罰を受けており自分に責任があるという自覚もある(1作目ではなさそうだったけど・・・)という描写は織り込まれているとは言え、ロマンティックな要素を加味しすぎではないかな。

ヘンリー・フール・トリロジー
パーカー・ポージー
ポッシブル・フィルムズ
2017


はなしかわって [DVD]
D.J.メンデル
J.V.D.
2014-06-06





 

『フェイ・グリム』

 ハル・ハートリー復活祭にて鑑賞。夫ヘンリー(トーマス・ジェイ・ライアン)が行方不明となって7年。フェイ(パーカー・ポージー)はシングルマザーとして息子ネッドと暮らしていた。フェイの弟サイモン(ジェームズ・アーバニアク)は、ヘンリーの逃亡を手伝った罪で未だ服役中だ。しかし突然、フェイにCIAが接触してくる。ヘンリーのノートには国家機密が隠されているというのだ。フランス政府が保持しているというそのノートを受け取る為、フェイはサイモンの釈放を条件に、CIAの指示を受けてパリに向かう。監督はハル・ハートリー。2006年作品。
 『ヘンリー・フール』3部作の2作目。『ヘンリー・フール』(1997年)を日本公開当時に見て以来、ようやく見ることができた。ハートリーが1作目を制作した当時は3部作になるなどと考えていなかったそうで、本作は『ヘンリー~』とは大分色合いが異なる。まさかの銃撃戦や格闘シーンまで登場するスパイスリラー風で、しかもアメリカからヨーロッパに飛び中近東にまで舞台が広がる。そんな話だったの?!とびっくりした。『ヘンリー~』のノートに隠された秘密の設定も結構強引、明らかに後付っぽくて、それが真相ならば『ヘンリー~』でのヘンリーの振る舞いは大分おかしい(まあおかしな人の話ではあったけど・・・)し出版したがっていた動機が謎なことになってしまう。
 とは言え、独立した映画として面白い。ちょっとすっとこどっこいなスパイ映画でコメディぽい要素も多い。話が二転三転していき、結構スピーディーで緊張感はあるのだが、各国の工作員の手腕が微妙、かつフェイが国際情勢に大分無頓着なので、コメディ感が否めないのだ。フェイのコート姿がとてもセクシーでかっこいいのだが、なぜ下着の上に直接コートなんだろう・・・。何も説明がないままなので気になってしまった。本作、画角が全て斜めなのだがその意図が不明。2006年の時点でこの演出はちょっとダサいんじゃないかという気もするが。ラストは『ヘンリー~』と被る。逃げ続ける男に尽くすのがグリム姉弟の運命なのだろうか。周囲から見たら間違っているように見えても、当人たちの間ではこれが正しいことなんだという姿勢も引き継がれている。
 なお、本作見た後に『ヘンリー・フール』を再見したのだが、『ヘンリー~』に登場した俳優たちがほぼ続投しており、しかもあの人こんな所に出ていた!という発見も。事前に意図した伏線のように見えてしまうあたり、やっぱりちゃんと続編になっている。

ヘンリー・フール・トリロジー
パーカー・ポージー
ポッシブル・フィルムズ
2017


ブック・オブ・ライフ [DVD]
マーティン・ドノバン
アップリンク
2000-05-25


『名もなき野良犬たちの輪舞』

 刑務所内の「大統領」ジェホ(ソル・ギョング)は若い受刑者ヒョンス(イム・シワン)と出会う。他人を信用しないジェホだったが、奇襲から救われたことでヒョンスに目をかけるようになり、出所後は共に犯罪組織を乗っ取ろうと計画を立てる。しかし、彼らにはそれぞれに秘密があった。監督はビョン・ションヒョン。
 野望、欲望、愛と嫉妬に裏切りと感情がてんこもりの韓国ノワール。湿度と粘度が高い。これは欧米のノワールではあまり感じない質感だと思う。ジェホもヒョンスもタフで強さと力を目指す、実際にそれを持っているはずの人間なのに、お互い出会ってしまったことで弱さが生まれていく。それまでになかった感情が動かされるようになってしまうのだ。
 オム・ファタールものとでも言えばいいのだろうか。上司と部下のようであり、兄弟のようでもあるジェホとヒョンスのの関係は「秘密」を介してどんどん濃密になっていくが、それは同時に、2人がそれまで所属していたものに背いていくということでもある。
 2人は元々、それぞれ合いいれない世界の住人であり、それぞれの世界の中での出世なりなんなりを野望にしていたわけだが、お互いの存在により、元々所属していた世界から乖離していく。所属していた世界を裏切るか、お互いを裏切るか、あるいは全て裏切って1人生き延びるか。どちらにしろ、この先には泥沼しかない。お互いの「秘密」が明かされストーリーが二転三転するほどに、この先の選択肢は減り、出口が見えなくなっていく。どんどん息苦しくなっていき、緊張感が途切れない。
 基本ジェホとヒョンスを含み超有能なクズみたいな人ばかり出てくるのだが、2人が突き進んでいくうち、当初モンスター的に見えた犯罪組織のメンバーにしろ、手段を選ばない警察にしろ、むしろ普通に見えてくる。姑息に見えた会長の甥が、むしろ一番まともで(多分警察よりもまともなんじゃ・・・)普通の人としての情緒を持っているように見えてくるのが面白い。

友よ、さらばと言おう [DVD]
ヴァンサン・ランドン
ポニーキャニオン
2015-01-07


監視者たち 通常版 [DVD]
チョン・ウソン
TCエンタテインメント
2015-02-04



『イカリエ-XB1』

 太陽系外での生命探査の為、アルファ・ケンタウリ系を目指して旅立った宇宙船・イカリエ-XB1。目的地へ近づく中、漂流中の朽ちた宇宙船を発見する。それは20世紀に地球から旅立ったものと見受けられたが、乗組員たちは全員死亡していた。監督はインドゥジヒ・ポラーク、1963年の作品。原案はスタニスワフ・レムの小説『マゼラン星雲』。
 デジタル・リマスター版を鑑賞したが、今見てもスタイリッシュで、白黒のバランスが非常に美しい。映像美的な部分だけでなく、当時のSF表現としては(デザイン的にもSF考証としても)最先端だったのだろう。上記にあらすじを書いてはみたが、大きな事件が起こっているはずなのに妙に淡々としていて、悲劇も喜劇も長い旅路の中の1幕でしかないというクールさが感じられる。限られた人数で長期間生活していると、このように変化していくという様を観察しているようでもあった。食事の微妙さとか、栄養素を強制的に摂取させられるところとか、妙な生活感が踏まえられているところも面白い。ちょっとしたストレスや違和感がじわじわ増殖していく感じが不安をあおるのだが、このあたりの描写は現代では最早定番なのでは。
 全般的に、なぜだか死の匂いが漂っている。具体的な死、死体の描写があるからというよりも、その死体が置かれている状況の無常感により醸し出されるものではないかと思った。この死体(と死体のある環境)、20世紀の遺物のような扱いなので、20世紀は死の時代であった、その時代の匂いがまだイカリエを追いかけてきているということなのかもしれない。逆に、本作が作られた当時(1960年代)は、その先の時代(本作は23世紀あたりが舞台)への希望があったってことなんだろうなぁ・・・。本作、死の匂いはあるものの、基本的には未来、また未知の存在への希望、ないしはそれに対峙していく勇気みたいなものを含んでいると思う。それは原作のテイストなのかもしれないが。

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)
スタニスワフ・レム
早川書房
2015-04-08


2001年宇宙の旅 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]
キア・デュリア
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2018-01-17


『孤狼の血』

 昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島、呉原。地元の暴力団・尾谷組と、広島から進出してきた五十子会系の加古村組の抗争がくすぶり始めていた。そんな折、加古村組のフロント企業である金融会社の会計係が失踪する。所轄署の若手刑事・日岡秀一(松坂桃李)はベテランの大上章吾(役所広司)と組まされる。暴力団との癒着が噂される大上の強引かつ型破りな捜査に日岡は翻弄される。しかし失踪事件をきっかけに、尾谷組と加古村組の抗争は激化する一方だった。原作は柚月裕子の同名小説。監督は白石和彌。
 原作は警察小説×『仁義なき戦い』と評されたそうで、映画化された本作を見るとなるほどと頷ける。ただ『仁義~』と決定的に色合いが違うのが、本作にはたぎるような熱さや爽快感はなく、泥沼が広がるばかりだという所ではないだろうか。昭和感を全面に出し(美術はすごく頑張っている)つつも、ヤクザ映画を爽快なものとしては描けない所が、今の映画なんだろうなと思う。
 ヤクザ映画でもあり、警察映画でもある。と同時に、どちらでもないように見える、それこそ大上が言うような「綱渡り」であるところが面白い。綱渡りをしている人の生き様を斜めから映すような視点があると思う。綱渡りを永遠に続けることは出来ず、いつか落下することは決まっている。なので、どうにも不吉でハッピーエンドの可能性が微塵も感じられない。生々しい暴力(暴力行為そのものというよりその結果を見せるところは上手いなと思った)描写や欲にまみれたしのぎ合いよりも、その不吉さ、出口の見えなさの方が精神的には堪える。
 松坂桃李が実にちゃんと俳優然としているので、何だかびっくりした。人間、成長するものなんだな・・・!また若手以外でも、一之瀬役の江口洋介や、野崎役の竹野内豊には、こういう感じに仕上がったかー!という新鮮さがある。それぞれある時代を代表するイケメン俳優だった(いや今も全然かっこいいけど)のが、こういう役柄も演じるようになったんだなと。特に江口の色気は大変よかった。その一方で、日本映画におけるピエール瀧の使い方がほぼ固定されてきたのにもびっくり。それこそ、まさかこういう存在になるとは思っていなかったもんね・・・。
 なお本作、最も昭和感を感じたのは女性たちの配置と見せ方。当時のこの世界ではこういう形でしか女性が存在出来なかったということなのかもしれないが、そこまで踏襲しなくてもなぁとはちょっと思う。

孤狼の血 (角川文庫)
柚月裕子
KADOKAWA
2017-08-25


『ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ』

辻村深月著
 チエミが母親を殺して行方不明になってから半年。幼馴染でフリーライターのみずほは、チエミの行方を追い、かつての級友や恩師を訪ねる。一見非常に仲の良い親子だったチエミと母になにがあったのか。
 地元の幼馴染、かつての同級生という狭いサークル内の人間関係は、時に親密だが時に息がつまりそう。都会に出たみずほと級友との「その後」の人生のそこはかとないギャップや羨望が、感情をざらつかせる。この人は自分が思っていたような人なのかどうか、という対人関係における問いが、常に突きつけられるのだ。級友らだけでなく、みずほの家族についても、そしてチエミについても。チエミがみずほにとって、みずほがチエミにとってどういう存在だったのか、みずほ自身が自覚していく過程でもある。短い第2章がぐっと心に迫る。こういう人だったのか!とはっとするのだ。


対岸の彼女 (文春文庫)
角田 光代
文藝春秋
2007-10-10






『ルイ14世の死』

 太陽王と呼ばれ、豪奢を突くしベルサイユ宮殿を作ったルイ14世(ジャン=ピエール・レオ)は死の床にあった。廷臣や医者たちは王の回復の為に尽力する一方で、死に備えつつあった。監督はアルベルト・セラ。
 カメラ数台をほぼ固定して撮影しているようだ。非常にかっちりと絵を作りこんでいるように見える。特にライティングはレンブラントの絵画を思わせるような光と影のコントラストを強調したもので、同時に輪郭ははっきりさせすぎない。影の中に対象が沈んでいくような印象も受ける、絵画的なもの。絵を作りこんでいるように見える一方で、カメラの前を平気で誰かが横切ったり、話している人が他の人の影に隠れて肝心の表情が見えなかったりする。それでOKにしてしまうんだなという、不思議な新鮮さがあった。自分の絵の設計に強烈な自信のある監督なように思う。また、室内はほぼ薄暗いままで見た目では昼も夜もわからない。屋外から聞こえる鳥のさえずりや虫の声で、時間が経過したことが何となくわかってくるという、音の使い方が良かった。
 ルイ14世はほぼ寝たきりで、回復は見込めないだろうという状況なのだが、死にそうでいてなかなか死なない。人間が死ぬのには時間がかかるんだなぁと妙に感心した。ある死が始まってから完了するまでを延々追っている映画とも言える。
 人の死という一般的に深刻な事態が進行している一方で、そこかしこに妙なユーモアがある。そこでそんな勇壮な音楽入れるの?!(作中、いわゆるサウンドトラック的音楽がかかるのは多分ここだけ)とか、王が帽子を取って挨拶したり、ビスケットを食べたりするだけで廷臣たちが拍手したり。こびへつらっていると言うわけだが、不思議と皮肉っぽさはない。帽子のくだりに関しては、王自身もこっけいなのをわかってやっているふしがあるように思う。ユーモラスなのだ。
 当時最先端であろう医術を施す医師たちがいる一方で、オカルトまがいの薬を処方するエセ医師もいる。周囲はどちらが適切とも決められずにおり、この時代の科学と迷信とがせめぎ合っている感じがした。医師たちの処置は現代から見ると的外れでもあるのだが、その行動には科学的な精神があるように思った。何でも確認し、トライ&エラーを重ねてデータを蓄積する。最後の医師の発言には笑ってしまうが、科学者の姿勢としては真っ当だろう。科学の前では王も平民も一症例にすぎないのだ。


コロッサル・ユース [DVD]
ヴェントゥーラ
紀伊國屋書店
2009-05-30





『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』

 6才の少女ムーニー(ブルックリン・キンバリー・プリンス)と母親ヘイリー(ブリア・ビネイト)は、安モーテル「マジック・キャッスル」でその日暮らしをしている。ムーニーは同じようにモーテルで暮らす子どもたちと1日中遊びまわっている。モーテルの管理人ボビー(ウィレム・デフォー)はムーニーとヘイリーに時に眉をひそめつつ気に掛けていた。監督はショーン・ベイカー。
 ムーニーとヘイリーが住むモーテルは、フロリダ・ディズニーランドのすぐ側にある。ディズニーランド効果ときらきら眩しい日差しの効果で色合いは明るくパステルカラーが広がる。ぱっと見ファンタジックで正に「夢の国」のお隣という感じ。しかし冷静に考えると親子の生活は相当苦しそうだし、ヘイリーの生計の立て方は危なっかしい。ムーニーのことをすごくかわいがっているが、適切に保護し育てているのかというと、大分微妙で、かなりネグレクトに近づいているように思う。子どもたちはひっきりなしに動き回るのだが、アメリカって子供を一人で外歩きさせない国というイメージだったので、えっ子供だけでそんなに歩き回っていいの?と心配になってきた。
 子どもたち自身は自由奔放でとても楽しそうだし、子供にとってヘイリーはきれいで楽しくて素敵なお母さんなんだろうなと伝わってくるのだが、それが逆に辛い。キラキラしたものを別角度から見たらどんよりくすんでいたというような感じだ。とは言え、ヘイリーも好んでこの状況を続けているわけではなく、努力しても次の一手に届かないのだ。モーテルは本来一時的な居場所のはずなのに、出られる目途がたたない。その届かなさ、出口の見えなさが辛い。
 そんな親子を見守るのが管理人のボビー。彼がいなければ、本作はもっと陰惨な色合いになったのではないかと思う。子供に声を掛ける不審者に猛然と近づく姿は頼もしい。とは言え、ボビーもヘイリーやムーニーを具体的に助けられるわけではない。家賃の支払いが滞れば強制的に部屋を開け空けさせなければならないし、児童福祉局からヘイリーを庇えるわけでもない。あくまで管理人と入居者の関係だ。もちろんいないよりはいてくれる方が全然ましなわけだが・・・。なおボビーの仕事量がやたらと多く、機械の修理やペンキ塗りまでやっている。モーテルの管理人てそんなに忙しいの?

タンジェリン [DVD]
キタナ・キキ・ロドリゲス
TCエンタテインメント
2017-08-02


誰も知らない [DVD]
柳楽優弥
バンダイビジュアル
2005-03-11


ギャラリー
最新コメント
アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ